CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
01/04  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    | author : スポンサードリンク | category : - | comment : - |
    12/31  スポットライトは当たらない。

    神様と反省会2014。
    今年もおみくじの答え合わせをして除夜の鐘を撞きに行く。

    去年の大吉を除いて万年小吉の小吉スパイラルの自分に言わせれば、
    「夜明け前ではっきりしない。他人のアドバイスに耳を傾けよ。」って、
    この希望も絶望も無いのが小吉中の小吉だと思う。脇役から卒業したいのだよ。

    仕事:△目処つかない。上手い話に注意。⇒△進展なし。先の見えないまま。
    恋愛:△すれ違い。曖昧な態度は禁物。⇒△何となく良縁が遠退いてる気配は感じてる。
    健康:○マイペースに。病因を見直せ。⇒○特に大病は無い。基礎体力がついた感じ。
    学業:△目標がブレる。知恵を借りろ。⇒△一人相撲に限界を感じてる。相談相手が欲しい。
    総評:△夜明け前ではっきりしない。他人のアドバイスに耳を傾けよ。⇒△まさに夜明け前。

    ここまでおみくじの通りなのも珍しい。添え物に徹する一年だった。
    というか、小吉ってそういう事だぜ。落下はしないけど緩やかな下り坂。
    一人で進める工程は終わりつつあるのではないかと思う。起承転結の「転」を求む。

    読書量も年々減っていて過去最低だったのではないか。
    そんな中でも「タルト・タタン」は、良いタイミングで出会えたと思う。
    エンタテインメント性の高い、スカッとする感じのストーリーに飢えてる。
    電子書籍とかも気になっているし、蔵書の管理方法も新しいカタチを考えていきたい。

    続きを読む >>

    0

      | author : すペ3 | category : days | comment : comments(0) |
      12/21  検証炎。

      辞書と取説以外で自分が愛読しているものといえば、飲食店のメニューである。
      注文を選ぶ時はもちろんの事、頼んだものが届いた後でさえついつい熟読してしまう。
      心無い店員さんに素っ気なくお下げされた時の切なさと言ったらない。

      とはいえ、
      頼む気がないのに読むのも気が引けるので、
      名残惜しそうに見つめる事しか出来ないのわけだが。

      メニュー愛読の初心者の方に、なにをどう楽しめば良いのかお教えしたい。

      例えば、食事処のセットメニューである。
      ご飯とみそ汁とトンカツにお新香が付いた
      いわゆる「トンカツセット」なるメニューが存在するとして、
      各々単品で頼んだ場合とセットにした場合の値段に違いはあるか?
      お新香を無しにしてごはんを大盛りにした場合ではどうか?
      みそ汁を豚汁にした場合はどうか?ミックスフライにした場合は?
      など。
      セットメニューがいかに合理的かを様々な角度から検証する事ができる。

      ただし、あくまでも検証を楽しむための行為なので、注文は迅速に。
      そもそも小銭を浮かすために店員さんに「は?」って顔をされるのは、
      それはそれで人生において何かを無駄にしている気がする。

      んで、注文を済ませたところで、じっくりと検証を楽しむわけである。
      新手の脳トレみたいなものですかね?

      現在、ファミレスや居酒屋のグランドメニューを
      なんとかして定期購読する方法を検討中している。

      0

        | author : すペ3 | category : days | comment : comments(0) |
        12/11  雨の日の憂鬱。

        昨今の都会の若者の自殺率の増減は知らないけど、
        自分には傘がある。君に逢いに行かなくちゃ

        晴天ばかりは続かないのは分かっているし、
        雨の日の湿った空気や部屋遊びに興じるのも嫌いじゃない。
        じゃあ何が嫌かって、降るはずの雨が降らない時のあの感じが嫌だ。
        怒りの矛先はいつだって折り畳み傘なのである。

        そもそも傘における「嵩張る」という弱点を
        補完するための折り畳み傘の「折り畳み」属性であるはずなのに、
        結果、カバンの中で嵩張る始末。しかも普通の傘よりも小さいので濡れやすい。
        お前さんの存在意義はよ。

        さらには、
        「せっかく持ってきたんだから感」が芽生え始めると、
        持って来損という謎の貧乏根性に火が付き、
        一転して「何なら雨降ってくれねーかな」とすら思えてくる。

        心境としては、
        曇の日に思い切って雨合羽を着てきた感じといえば、
        分かってくれるだろうか。

        0

          | author : すペ3 | category : days | comment : comments(0) |
          12/04  おしるこの誓い。

          自動販売機におしるこが並び始めると冬を感じる。
          これがコンビニにおでんではどうかというと、
          近頃は夏の終わりの冷やし中華が終わる前にもうおでんが始まってたりするわけで、
          その点、自動販売機のおしるこ程、冬を感じるのにうってつけの物は無いと思う。もとい思いたい。

          毎年、必ず思うのは「今年こそ大手飲料メーカーの出してるおしるこ全種類を買おう!」という誓い。
          おしるこ好きを自負しといて申し訳ないですが、大抵は志半ばといった有様に終わる。

          その理由の一つが、
          普段から甘い飲み物をあまり飲まないので、
          おしるこを見つけた時のテンションに飲み始めた時のテンションが追いつかない事が挙げられる。
          結果、さらに喉が渇くというスパイラル。誰のかは知らないが思うツボというわけである。

          もう一つの理由が、
          缶のパッケージが似過ぎてて、どれを買ったか忘れるという巧妙な点が挙げられる。
          缶コーヒーと比較すると、おしるこの缶はまぁ大体あずき色、
          あとは和の上質を意識した金色といったところだろうか。
          デザインにしてもほぼ茶碗か豆である。
          エンブレムをモチーフにしたのとか近未来的なメタリックなのも悪くないのではないだろうか。
          じゃあそういうの出たらお前は買うのか?と言われたら即答に困りますが。

          最近、コーンスープとおしるこの缶をネジぶた式にした天才が現れて感動が抑えられない。
          もう残り一粒に悩まされることなく味わう事が出来るの出してる。
          あずきに代わって御礼申し上げたい。

          0

            | author : すペ3 | category : days | comment : comments(0) |
            06/08  まだ。

            部屋に扇風機を買ったのは、
            欲しいと思ってから実に2〜3年が経過してからの事だった。
            個人的にはいい買い物が出来たと思ってて、大事に使いたいと思ってる。

            カリスマ性を司る大きな要素の一つに「決断力」があると思う。
            確かに大きな事をバシッと即決する様子は見ていて惚れ惚れするし、悲しいかな自分には無い。
            まあ自分にはそもそも大きな事の決定権自体が無いんだけど。

            ただ、敢えて言わせて頂くと、「決断できない」のではなく「決断に時間がかかる」のだと言いたい。
            洋服でも家電でもご飯屋さん選びにおいても、とにかく色んな事を考えに考え抜いた末に、
            時間切れを迎えてしまう。

            では、一体なにに時間を要しているのか?
            大前提としてケチなので「もっと安くなる方法無いかな―?」に時間がかかっているのは別として、
            自分が弱い人間であるが故、責任転嫁とか自己嫌悪はなかなかのインパクトを叩き出してしまう、
            なので言い訳が出来ないように徹底的に自分を納得させる作業に一番時間がかかってる気がする。

            大抵、いくつかの候補を脳内で並べてメリットとデメリットを比較検討し、
            客観的な視点や中長期的な視点、時には売る側の視点まで持ち出してきて
            脳内サミットが繰り広げられる。これがなかなかみんな意見を曲げないもんだから…。

            自分がウインドショッピングをする時は、
            まず商品をピックアップして、閣議決定の末に後日あらためて購入という運びになる。
            たぶんそれはウインドショッピングとは言わないし、後日、売り切れてることもしばしば。

            今、思いついたのだけど、この「後日の回」だけ誰かを同行させれば、
            即買してるように見られてカリスマ性が得られるのではないか?
            脳内サミットで今度聞いてみよう。

            0

              | author : すペ3 | category : days | comment : comments(0) |
              03/02  分類。

              昔からなんとなく分類する子供だった。

              間違い探しよりも仲間探しの方が好きだったし、
              ドラクエで色違いのモンスターに遭遇する度に興奮してた。
              図鑑やカタログやメニュー表は何が楽しいんだか見入ってしまう。

              そんな訳で、ついつい人間も分類しようと思うのは至極当然の事と言えよう。

              とはいえ、
              血液型の4パターンやら星座の12パターンやらで分類出来るほど、
              人間のタイプは単純では無いと思っている。人間はもっと複雑だ。

              大体、30〜60タイプといったところでしょうか?人間は意外と単純だ。
              小学校のクラスメイトでいうと、2クラス分位のタイプで分類できる気がする。

              この人はあの人と雰囲気や言動が似てるなーとか、
              あの人の色違いだなーとか、あの人の上位互換だなーとか、ハーフ&ハーフだなーとか、
              そんな誰にも理解できない分類をして、日夜サンプルを集めて分類の精度を磨いている。
              …そして、そんな自分の色違いもきっとどこかにいるに違いない。

              0

                | author : すペ3 | category : days | comment : comments(0) |
                01/19  ピースレス。

                些細なキッカケでそれまで止まっていた何もかもが好転する瞬間を
                パズルのピースがハマった感じと表現するけど。

                今まさにその状態。それを待ってる状態。
                つまりは何もかも上手くいかないのに指を咥えて何もしてない状態。
                もう咥えた指ベトベトですわ。たぶん待ってちゃ駄目なんだと思う。

                0

                  | author : すペ3 | category : days | comment : comments(0) |
                  01/03  運気。

                  今年のおみくじは「小吉」だったのだけど、
                  なんか全力で不幸っぽいことが降りかかったので羅列してみる。

                  カーナビのトラブルで違う神社を案内されて初詣に行けない。
                  やっと着いた神社の参道で鳥の糞が直撃、洗車したてのボディが無残な姿に。
                  玄関先で花瓶が落ちて靴が水浸しになる。 台所の包丁が落下して間一髪で掠める。
                  携帯電話が電源オンオフの無限ループに迷い込み帰って来ず、半年分の機種代を一括精算。
                  身の回りで次々に大病が発覚し峠やら淵やら色々と見届ける。

                  漫画やコントで疫病神にとり憑かれた人ってこんな感じですよね?
                  偶然が重なることもあんだろうけど、一度気になるとなんでもかんでも不幸に思えてくる。
                  そもそも小吉だったのも小さな不幸の一つとしてカウント出来るんじゃないだろうか?
                  とりあえず縁起が良さそうなことは片っ端から縋ってみることにしたい。
                  さすがに呪いみたいな最期は送りたくないよ。

                  0

                    | author : すペ3 | category : days | comment : comments(0) |
                    01/02  おはつ。

                    12月は半端に立てた目標が現実の前に脆くも崩れる季節。
                    つまり「今年中に」って曖昧に決めた期限が、
                    「今月中に」もしくは「あと31日」に変わる季節。
                    アナログって言ったて結局は最期はゼロかイチなんだよね。
                    って、去年に書きそびれたので書いてみた。

                    1月は「初〜」やら「〜初」が横行する季節。やたらとありがたがる。
                    新年を迎えたというだけで、去年までの気持ちを断ち切って、
                    初々しい気持ちで恒常的な事に取り組めるというのは素晴らしい事だと思う。
                    きっとああいう人は二番じゃ駄目なんだろうな。

                    0

                      | author : すペ3 | category : days | comment : comments(0) |
                      12/31  すべてが上手くいくとは言ってない。

                      神様と反省会2013。今年も「おみくじの答え合わせ」で締めくくろうと思う。
                      振り返ってみれば待望の大吉だった筈が、そんな好機の気配を微塵も感じられない一年だった。
                      「他人の心を汲んで良いムードを心掛けつつも小さい事には気を配るべし」って、どこが大吉なんだ?

                      父の急死でバタバタと追い立てられるように過ぎてった印象。
                      まぁ、そこら辺についてはおみくじでは触れられてなかったので文句は言えないけど。
                      ポジティブに生きてた訳ではないけど、突然自分が不完全なものに成り代わったような気がする。
                      次から次へと現実を突きつけられて、ノーモーションで殴られるような日々。
                      卑屈になってく自分は本当に嫌だ。

                      仕事:○積極的に。遅れると不利。⇒△消極性の巣窟の様な職場環境なんですが。
                      縁談:○グズグズせず暖かい心で素直に。⇒○逆転満塁ホームランのチャンスを華麗に見送って終了。
                      健康:○今のまま心配なし。⇒○大病は免れたけど不健康に慣れきってる感がある。
                      学業:○実力はある。しっかりした地盤で安定。⇒×しっかりしてても沼地は所詮沼地という話。
                      総評:◎他人の心を汲んで良いムードを心がけるべし。⇒△他人の顔色を伺いすぎて心が折れそう。

                      そんな訳で例年にも増して読書量は減ってしまったが、少ないながら良い本には恵まれたと思う。
                      前評判にビビって攻めたチョイスを避ける傾向にあったことは反省したい。
                      マイベストは「エデン」と「小さな男*静かな声」。どちらも新規開拓とは行かず。
                      「ペンギン・ハイウェイ」「交換殺人には向かない夜」「SOSの猿」が次点ですかね。
                      来年はエッセイと泣ける本に挑戦したいと思います。

                      続きを読む >>

                      0

                        | author : すペ3 | category : days | comment : comments(0) |
                        << | 2/12PAGES | >>