CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
<< いのちのパレード。 | main | 日常と非日常が混在してて現実感が無いんだけど、日本このままで大丈夫か? >>
01/04  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0

    | author : スポンサードリンク | category : - | comment : - |
    03/06  ブラック・プリン・レッド・マシュマロ。

    とある事情により手作りの菓子を頂く機会に恵まれた。
    この感謝の意をモノで示す手立ては無いかと考えていた所、
    無印良品で偶然見かけた「自分でつくるギモーブ」を見て閃いた。
    スイーツ作れる=モテるという邪な妄想が頭を過ぎった事も否定は出来ない。

    とは言え、
    まず市販と手作りの違いを知らねばならないワケで、まずは手作りセットを購入。
    早速、作ってみるも敢え無く失敗。味に遜色ないが見た目は炒り卵という有様に。
    やはりそんな上手くいくわきゃないか。

    いっそセットを大量購入してしこたま練習しようかとも思ったが、
    値が張る事と、味をアレンジ出来ない事を懸念して、材料も自分で調達する事に。
    が、ナパージュなるジェル状が見つからず、卵白で作れるという情報を信じて再挑戦。
    まずはベーシックなバニラ味が完成。こんなにリーズナブルな事に感動した。

    で、ここからが腕の見せ所。オリジナルフレーバーを考えてみる。
    レシピではジャムやジュースで作っている事が多く、バリエーションの豊富さに心踊る。
    何となく、味の濃いモノ、酸味のインパクトのあるモノ、甘みが濃厚なモノ、が思い浮かび、
    午後の紅茶(ミルクティ)と黒蜜(食べる時にきなこをまぶす)とアセロラドリンクに絞った。
    (桃のネクターとかミニッツメイドもいけるんじゃないかと思っている)

    本領を発揮した結果、アレンジがレシピの範疇を超えた為、自分で分量を調整するハメに。
    糖度や分量の規則性を分析して試行錯誤するも、ヘンテコなババロアみたいな塊が出来てガッカリ。
    頭と卵白を攪拌する日々な今に至る。ホワイトデーまでに間に合うといいんだけど。

    0

      | author : すペ3 | category : days | comment : comments(0) |
      01/04  スポンサーサイト

      0

        | author : スポンサードリンク | category : - | comment : - |
        コメント